火鉢生活、始めました。

と、言うほどでもないけれど、
火鉢
手頃な大きさの手焙り火鉢です。

子供の頃は火鉢と言うより、掘りごたつに豆炭と炭。

大きな木をくりぬいた大火鉢はお正月だけの物でした。

火を起こすのは面倒だし、暖房としては貧弱。

ファンヒーターみたいに灯油がない、と教えてもくれない。

でも、五徳にだるまの薬缶、網の上のお餅や焼きおにぎりは懐かしい思い出なのです。

今は大人なので熱燗とかも・・・(´∀`*)ウフフ


で、火鉢を手に入れて、道具や炭や灰やらを揃えなきゃ、という話を母にしたら、

「うちにあるのに、なんで買ったのー。しかも灰入り。」

え、早く言ってくださいよ。じゃ、五徳や火起こしは?

「それはない。」

残念。

灰だけもらって来ました。まだちょっと少ないなー。

ま、おいおい増えていくでしょう。

火箸はバーベキュー用の串?菜箸?をそのまま使用。

情緒なしですが、まぁ仕方ない。

現代は昔の不便な暮らしのほうが贅沢という不思議な時代。

大人になった今、子供の頃を懐かしく振り返りたくなるものなんでしょうかね。




明日のために今日の1ポチお願いします♪
↓↓↓


スポンサーサイト
12月5日 夜9時45分

純が星になりました。

週の初めから「食欲落ちたな・・・」とは思っていましたが、
二日前から急に食べなくなり、でも口に持って行くと何とか食べる。

水も飲みにくそうなのでスポイトで給水。

4日の夜から全く食べ物を受け付けなくなり、
5日の朝から水も受け付けず、

朝から抱っこしたり、添い寝したりして過ごしました。

我慢強い純は最後に大きく一息だけついて、この世に別れを告げました。

15才と9ヶ月という年齢は決して若くはないけれど、

長寿というほどでもなく、

病気をしてなければ、もうちょっと一緒にいられたかなと思います。

が。

きっとこれが純の天寿。


我が家に来て4ヶ月頃。

10才の見た目より頑固なおっさんワンコはいつの間にか

甘えん坊のおじいちゃんワンコになり、

割りと好きに暮らしてたんじゃないかと思います。


まだ腰も曲がらず、全身ふさふさだった同じ頃。

蒸し暑い夏の日に来た純は

寒いみぞれの日にいなくなりました。

もしかしたら、すぐ側で、

「俺、身体軽いよ!走れるよ!」ってうろうろしてるかもしれませんね。

お久しぶりです。

とうとう師走。今年も残り一月を切ってしまいましたね。

私は相変わらず左手首の動きが悪くて、食器洗いが一番困ります。
なので、なるべく子どもたちにやってもらってます。

力はいらないとちゃんと洗えてなさそうで嫌だし。

もう三週間以上も経ったというのに、年取ると治りが遅くって嫌ねぇ。

いちご
昨日は夫の誕生日。

シンプルにいちごのケーキ。

この上にアラザンをパラパラっと散らして。

スポンジ種は軽いので左手も頑張れる(笑)

12月は一年で一番ケーキを焼く月なので、もうちょっと頑張らねば!


明日のために今日の1ポチお願いします♪
↓↓↓




長野の地震から二週間経ちました。

この地方も結構揺れました。ドキドキしました。

あんなに大きな地震で、被害も大きかったのに、すぐに番組変更してニュースを続けたのはNHKだけ。

民放は速報だけでそのまま番組が続いていました。

こういう時、地方の扱いがぞんざいだなと思うのは地方民のヒガミでしょうかねぇ。

被災地の皆さんはこれから雪深い冬を越さなきゃならないのです。

総選挙の資金を少しでもそちらに回せないのか。

地方あっての中央だと思うのですが。

では一地方民はスーパーで募金してきましょうかね。