2月22日は猫の日ですね。

下火になったらしいとは言え、まだまだ猫ブームは続きそう?

ブームは猫好きとしては素直に嬉しいです。

猫特集が多くなったり猫グッズが出回ったりと眼福♪

でも、乗っかって「猫、飼ってみようかな~」な軽い気持ちで飼うのはは止めていただきたい。

生き物だもの。10年も20年も生きるんだもの。

生きてる限り、食べるし出すし病気もする。可愛い時もあればそうでない時もあるかもしれない。

自分の気分次第で可愛がるならバーチャルなペットか縫いぐるみにしておいてほしい。

「お金出して買った方が大事にするよね。」と言った人がいたけれど、それは全く関係ない!

ちなみに我が家のにゃんず、バニラは元野良の母から生まれ、抹茶とチャコはうろうろしていたところを拉致保護。

たまたま「連れてきちゃった」\(//∇//)\わけだけれど。

うちの子でいてくれてありがとう!!


あっさり見た目で決めちゃいがちだけれど、それも縁。多分直感。

チャコちゃんに至っては保護主さんからの写真も見ずに夫が決定。

それも失敗じゃないですよ。ちゃんとお笑い担当として立派に役目を果たしてるし。

いや、ちゃんと平均的に可愛いし。

でも、すっごくアレな見た目でもすっごくいい子だったりして、見た目以上に魅力があるのですよ!



抹茶
抹茶は目力すごいよ!


ぽちっとよろしくお願いします




スポンサーサイト
昨日は一日だけの上天気でした。

春一番も吹いたとかで、そろそろ花粉症の症状も出ている人がいるらしいですね。

花粉さえなければ本当にいい季節なのに。

さて、先日のバレンタイン。

ハッピーに過ごせたでしょうか。

今年はブラウニーを焼きましたよ。
ブラウニー
左からクルミ、シナモンパウダー、ドライフルーツのラム酒漬けとトッピングだけの手抜きですが、なんせ量だけはある。

チョコレート320g小麦粉220g卵5個の「誰に配るの?」なサイズ。

もちろん、家族用です。

このレシピは1996年版のオレンジページから。(古いね~)

バターも220gも使うのでちょっと重い感じなので半量をサラダ油に変えてちょっとだけ軽くしてみました。

どちらも油脂だからカロリーはすごいでしょうけど、考えない!

まだまだ育ちざかりがいるから大丈夫!

罪悪感持って食べたら美味しくないしねー((^∀^*))

食べられるってことが幸せ~♪




ぽちっとよろしくお願いします




バレンタイン前日ですね!

いつものチョコがちょっと安かったり、この時期しか売っていないチョコがあったりで私と長男は大喜び♪

板チョコ10枚くらい買っておいてお菓子に変身します。

それにしても板チョコも小さくなっちゃって、数年前のクックパッドのレシピを引っ張り出してみたら「板チョコ1枚」って、何gの頃?

今じゃ50g~52g!60gの頃ってあったような、、、定かではないですが。


今年はなんと!

「食材に申し訳ない」とか「ダークマターを製造したくない」とか「食べる専門」とか言っていた娘が練習と称してブラウニーを焼いた!

そして一昨日は「いつものチョコチップのクッキーが食べたい」と言って自分で焼いた!

もちろん私の監督付き。

にしても。すごいね!恋の力か!?

いわゆる女子力ってやつが皆無の娘にやる気を起こさせた彼!
尊敬するよ!そして勇者だな!

で、上手く焼けたのでラッピングしてデートに持参。好評だったらしいですよ。

いつかは来る自立の日に向けて半歩ずつでも前進していって欲しいものです。

親は先に動けなくなっちゃうのでね。

ご飯ください
ダイジョブ!バニラさんの一生は私が面倒看るよ!

ぽちっとよろしくお願いします



先月末に17センチのシフォン型を買ってから、早速焼いたシフォンがまたもや失敗。

失敗の原因が特定できず、その日のうちにもう一度チャレンジするもやっぱり失敗。

底上げになったり、焼き足りないのか縮んで中が空洞になったり、スフレのように持ち上がって目詰まりしたり、、、。

昔良く焼いていた頃は失敗なんてしなかったので余計に悔しくて悔しくて、レシピを変えたり温度や時間を変えたり五日間、毎日毎日二個三個とひたすら修行の様に焼きまくり、やっと及第点のシフォンが焼けました。
プレーンシフォン
シフォンナイフの使い方はまだまだ未熟(=∀=)

手で外す方法もありますが、怖くてチャレンジできません。

お茶シフォン
これは緑茶の葉を粉にして混ぜ込み。抹茶ではないので色はきれいじゃないけど。

結局、今と昔で何がそんなに違うのかと言えば、ベーキングパウダーを使っていたかいないかくらい。

それが原因かどうかは分かりませんが、食感はベーキングパウダーなしの方がいいと思います。

あと卵のサイズはレシピ通りがいい!MならM。LやLLでは卵白が多すぎなので減らさないとやっぱり失敗しますね。

シンプルなケーキでレシピも色々。粉が多めだったり卵黄と卵白と割合が違っていたり、水分も牛乳だったり豆乳だったりそれぞれ試しては好みの味を見つけるのもまた面白い。

もちろん毎日焼き続けて失敗した分はもちろん全員のお腹に収まりましたよ。

しまいには切らずにむしって食べたりしてW(`0`)W




ぽちっとよろしくお願いします





先週、101歳の母方の伯母が亡くなりました。

月末に入院していたそうなのですが、本人も家族も退院する気満々で、「実感がない。私もびっくりだけど、本人もびっくりしてると思う。」と従兄。

ですよね。

年齢を考えれば、いつどうなってもおかしくない年とは言え、耳が遠い以外は支障なく生活できる元気なおばあちゃんでした。

考えてみれば90歳くらいから年を取ることを止めたかのような変わらなさ。

年の離れた母とそう変わらない年齢に見えるくらいでした。

「大陸へ行った人は強いのかねぇ。」なんて時々言っていました。

その母が読みたいと言って、取り寄せた本。

「流れる星は生きている」

満州引き上げ者の体験のお話です。

読みながら、きちんと話は聞いたことがないけれど、伯母もこれに近い体験をしたのだろうと思い、従兄は引き揚げてきたとき、小さな小さな赤ん坊で、丁度筆者の連れていた赤ちゃんと同じくらいで大変だったのだろうとか想像していました。

その翌日に訃報。

たまたまでしょうが。

ここ最近、亡くなった人がよく夢に出てきます。娘は「なんで死んだ人ばっかりでてくるの?」と言いますが、夢でなけりゃ会えませんもの。

きっと伯母も挨拶回りが済んだら、お喋りしに来てくれるでしょう。






抹茶
抹茶がおばあちゃんになるにはまだまだ先のこと!

ぽちっとよろしくお願いします





我が家にはおじょーさん猫が二匹いるはず。

皆、抹茶のことはお姫様扱いでちやほや。

だからと言って高飛車我儘お嬢様にならないのが抹茶。

相も変わらずビビりで恥ずかしがり屋で控えめ(*´∀`人 ♪

対してチャコちゃんには
それ、いやーん
いやーん

長男、歯磨き中にチャコちゃんをがっしり抱き上げ、メントールの匂いをかがせる。

腹肉掴んで揉んでみる。

ひっくり返して捏ね繰り回してみる。

後ろから脅かしてみる。

抹茶には絶対にしないようなことばかりする。

なのに、どうも、、、刺激的な毎日もいいらしく、期待して待ってる風な、、、?

これはこれでいいということでしょうか。



ぽちっとよろしくお願いします